「つまずく」って英語で何て言うの?~サクッとお勉強~





たまにぼーっとして歩いているとつまずいてしまうことってありますよね。

ところで「つまずく」って英語で何て言うかご存知ですか?
わかりそうで意外と出てこないですよね!

今日はそんな「つまずく」と英語で言いたいときに使える表現を紹介したいと思います。

1. “Trip” 「つまずく」

“trip” と聞くと「旅行」を思い浮かべる人が多いですが、意外とこの “trip” は動詞で「つまづく」という意味を持っているのです。

主に “trip on ~” や “trip over ~” という形で「~につまずいた」という風に使います。

たまに “I tripped last weekend” と言って「先週旅行に行った」という意味で使っている人を見かけますが、それだと「先週つまずいた」という意味になってしまいます(汗

“trip” は「旅行」という意味の名詞ですが、「旅行する」という動詞にはならないのでご注意ください!

そんな時は “I went on a trip last weekend” と言えるといいですね。

・I tripped over the stone in the forest.
その森の中で石につまずいたんだよね。

・Be careful not to trip on the stairs.
階段につまずかないように気を付けてね。

・What did I trip over?
いったい何につまずいたんだろう

2. “Stumble” 「つまずく」

“trip” と同様に前置詞 “on” , “over” と組み合わせて「~につまずく」という形で使うことができます。

この “stumble” は他にも「よろめきながら歩く、偶然何かを見つける」などの意味も持っており、覚えておくと便利な動詞です!

・I stumbled just near the goal.
ゴールの直前でつまずいたよ。

・Fred stumbled on the tree root and fell over.
フレッドは木の幹につまずいて倒れた。

・I stumbled on the stone on the street.
道端の石につまづいた。

3. “Fail” 「(失敗するという意味)でつまずく」

「つまずく」という言葉は「自分が物理的にものにつまずく」だけでなく「何かに失敗したとき」にも使いますよね。

“fail” は「失敗する、しくじる」という意味の動詞で、何かに「失敗する」という意味での「つまづく」と言いたいときに使えます。

・Ted failed in new business and went broke.
テッドは新しいビジネスにつまずいて、お金が無くなった。
※ “go broke” で「お金が無くなる、一文無しになる」という意味のイディオム

・Don’t give up just because you failed only once.
一度つまずいたくらいで、あきらめたらだめだよ。

4. “Struggle” 「苦戦する、つまずく」

「失敗」とまではいかなくても何かに「苦労している」ときの「つまづく」と言いたいときにピッタリのフレーズです。

前置詞の “with” を使って「~に苦戦している、~につまずいている」という形で使うことができます!

・I struggled with math when I was in fifth grade.
小学五年生のとき、算数に苦労していた。

・I’m good at English but I’m struggling with world history.
英語は得意なんだけど、世界史でつまずいているんだ。

5. “Hit a bump in the road” 「(仕事などで)軽くつまずく、小さな問題にぶつかる」

“bump in the road” は「さほど重大ではない一時的な問題」という意味のイディオムです。

“bump” は「小さなこぶ」という意味で、「道路にある小さなこぶ」はぶつかったときにはびっくりしますが、過ぎてしまえばもう大丈夫ですよね。

そこから仕事は勉強などで「一時的に軽くつまずく」ときにこの表現が使われています。

・The new project hit a bump in the road, but the leader solved the problem immediately.
新しいプロジェクトは少しつまずいたが、リーダーがすぐに解決した。

・It was just a bump in the road.
それはただの小さなトラブルだった。

6. “Hit a snag” 「暗礁に乗り上げる、問題にぶつかる」

“snag” は「思わぬ障害、問題」という意味の名詞です。

先ほど紹介して “bump in the road” よりも大きな問題に「つまずいている」ときに使えます。

日本語で言う「暗礁に乗り上げる」という表現がしっくりときますね。

・Our research hit a snag, and I don’t know if we can solve the problem.
僕らの研究は暗礁に乗り上げた。そしてこの問題を解決できるかどうかもわからない。

・Whenever I hit a snag, I take a walk and refresh my mind.
問題に直面したときはいつも、散歩をして気持ちをリフレッシュさせるんだ。

まとめ

ということで「つまずく」と言いたいときの英語表現でした!

実際に物理的になにかにつまずいたときは “trip” , “stumble” を使います。

何かに失敗したり、苦戦しているという意味で「つまずく」使いたいときは、つまずき具合に合わせてぴったる来る表現を選んでくださいね!

ということで今日はこれにて!See you!