【これで脱初心者!】超効果的な英語脳の作り方6選!

英語の力が高い人は、頭の中で「英語を日本語に変換」して理解するではなく英語のまま理解することができます。

もちろんアウトプットのときも頭に浮かんだ日本語を英語にするのではなく、英語が直接頭に浮かんできます。

いわゆる英語で物事を考えることができる「英語脳」が発達しているわけですね!

英語脳は1日や2日のような短期間で身に着けることはできませんが、コツコツと努力を積み重ねていけば、徐々に鍛えていくことが可能です!

今日はそんな「英語脳」鍛えるための効果的な方法を紹介していきます!

1. 英語で独り言


ちょっと変かもしれませんが、実は英語での独り言は、英語で話す事に慣れるためのとても良い学習法の一つです。

家の中にいるときでも、歩いているときでも、ふと自分の思ったことを英語で口に出してみるとよいでしょう。

最初は難しいかもしれませんが、慣れてくると頭の中で考えなくても自然と英語が出てくるようになってきますよ!

下記は自分が良く独り言でつぶやいていた例の一部です。

“I got to go to bed early tonight.”
「今夜は早く寝ないと」
“What’s for dinner tonight?”
「今日の夕食はなんだろう?」
“I have a lot of things to do today.”
「今日はやることが沢山ある。」
“Bus is never on time here.”
「バスが全然時間通りにこない」

いきなり文章を話すのは難しいと思うので最初は「単語だけ」でも良いでしょう。

“table”(テーブル)、 “chair”(いす)、”door”(ドア)など身の回りの物を英語で言ってみるのに挑戦してみてください。これが意外と難しいですよ!

でも毎日続けていけばかなりの効果があるのでおすすめです!

2. 携帯の設定を英語に


英語脳を作るために最も簡単に実践できる方法、それが「携帯の言語設定を英語にする」ことです。

多くの人は毎日携帯電話を使っているのではないでしょうか?

そんな毎日使う携帯の設定を英語に変えることで「少しでも毎日英語に触れる機会」を作ることができます。

言語設定は携帯の「設定」の項目から実は簡単に変更することができます。
自分はiPhone を使っているのですが、「設定 ⇒ 一般 ⇒ 言語と地域」を選んで、そこから “English” を選ぶだけでした。

そうすると携帯の表示がすべて英語に変わります!
最初は少し戸惑うかもしれませんが、毎日使うものなので意外とすぐに慣れてきますよ!

もちろんこれだけで「英語がペラペラになる」という訳ではないですが、「英語に慣れる」という点ではかなり役に立つと思います!

3. 日本語訳のない教材を使う


ある程度の英語力がある人は、日本語訳のない英語教材を使ってみるのも良いでしょう。

やはり日本語訳がついているものだと、どうしても解説の日本語を読んでしまうので、英語で考える癖がつきにくいものです。

なのでアメリカやイギリスの出版社などが作っている「世界中の英語学習者」向けに作られている英語の参考書を使ってみることをおすすめします。

もちろん英文に日本語訳はついていないし、文法などの解説もすべて英語なので、嫌でも英語で考えるトレーニングになりますよ!

●おすすめの参考書

English Grammar in Use Book with Answers and Interactive eBook: Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Learners of English

4. 英英辞書を使う


こちらも基本的な英語力がついてきた人にはおすすめの方法です。

英単語が英語で説明されているので、日本語ではなく「英語」で「英語」の意味を覚えることができるのです。

英和辞書では、単語にあたる日本語をできるだけ簡潔に載せているだけなのに対して、英英辞書では細かいニュアンスまで説明されているので単語本来の意味も学ぶことができます。

もちろん、やはりすべて英語で単語の説明がされているので、それなりに労力はかかるし、英語の定義を読んで理解できるだけの英語力は必要となります。

いきなり英和辞書から英英辞書にスイッチするのは難しいので、「簡単に意味だけを知りたいときは英和辞書、深く意味を確認したいときは英英辞書」といった具合に使い分けるところから始めると良いでしょう!

5. 英語を話す機会を定期的に作る


オンライン英会話でも英会話サークルでもいいので、定期的に英語を話す機会を作ることをおすすめします。

実際に英語アウトプットすることはかなり良いトレーニングです。
英語を話すということは英語で考える必要性も出てくるので、英語脳がメキメキと鍛えられていきます。

そして、学んだ英語知識を実際に使うことで、それを自分のものとして定着させることができます。

また、実践をすることで自分の語彙力・文法力不足にも気づくので、さらなる勉強へのモチベーションも上がります。

「英語を話す」ことは緊張もするしかなりエネルギーを必要とすることなので、「毎日必ず話す機会を作れ」とは言いません。

週1,2回、1時間程度であっても定期的に英語アウトプットの機会を作れるとかなり違ってくるかと思います!

6. 大量の英語のインプットする


たくさんの英語をインプットすることで徐々に英語で物事を考えるための語彙力、表現力がついていきます。

よく考えてみればこれは当然のことで、英語のネイティブスピーカーは生まれてから、話し始めるまでの間に、途方もないほどの量の英語を聞いています。

やはりその言語で物事考えるということは、良質で大量のインプットが重要になります。

ネイティブほど大量に毎日英語のインプットをすれとは言いませんが、英語脳を発達させるには、それなりに多くの英語のインプットが必要になってくるでしょう。

自分も英語多読や海外映画、ポッドキャスト、YouTubeなどを利用して沢山英語に触れる機会を作っています。

個人的には半年くらい継続していった頃から徐々に効果を実感し、インプットで学んだ英語表現を使って物事を考えられるようになっていきました。

英語のアウトプットと並行して行うとさらに効果が高まりますよ!

まとめ

いかがでしたか?

ここで紹介した方法は自分が実際にやってみて、効果を実感した方法なのできっと皆さんの役にも立つはずです!

いきなり全部やるのは少し大変かもしれないので、「これならできそう!」というものから選んでみてはいかがでしょうか?

皆さんの英語学習のご健闘を祈ります!

「30日間英語脳育成プログラム」-短期間で本物の英語力を-




30日間英語脳育成プログラム

「英語力は初心者レベルだけど、できるだけ早く英語力を鍛えたい!」
という方にお勧めのプログラムです。

言語学博士が開発した英会話教材プログラムで、最短で英会話を向上させることができます!

30日間で英語力アップを目指す教材となっており、特にビジネス等の都合上、短期間でできるだけ英語力を身に着けたい方にピッタリです。

学習教材の内容も楽しく、実際の日常生活で役に立つものばかりなので、飽きずに高いモチベーションをもって続けることができますよ!

あなたの英語力向上の大きな助けとなること間違いなしです!

返品保証もあるのでぜひ一度試してみてくださいね!→英語が話せた聞き取れた!博士開発の評判の英語教材、返品保証有