「センスが良い、センスある」って英語で何て言うの?




いつもオシャレな人には「センスが良いね!」

音楽やスポーツが上手な人には「センスがあるね!」

なんていう誉め言葉を使うことが良くありますよね!

今日はそんな誰かの「センス」をほめたいときに使える英語表現を紹介していきたいと思います!

1.”Have good taste” 「センスがいい」

ファッションセンスが良いとか、その他「趣味が良い」という意味で「センスがいい」と言いたいときの基本表現です。

“Have good taste”でそのまま「センスいいね」という感じで使うこともできますし、“taste”の後に”in”を付けて「~のセンス」が良いという風に言うこともできます!

・You have good taste in movies. You should be a director in the future!
君は映画のセンスが良いよね。将来は映画監督になるべきだよ!

・Tina has bad taste in music. Nobody listens to O-zone now.
ティナは音楽のセンスが悪いんだ。今は誰もO-zoneなんて聞いていないよ。
(O-zone好きな方ごめんなさい。ただの例文です。。。)

2.”Have a sense of ○○” 「~のセンスがある」

先ほどの”good taste”よりも少しフォーマルな表現になりますが、こちらの言い方で言うこともできます。

注意点は”sense”の前に前置詞の”a”が必ず入ること、それと基本的に”sense of ○○”「~のセンス良い」という形で使うことです。

・Jason is very hilarious. He has a good sense of humor.
ジェイソンは超面白い。彼は良いユーモアセンスを持っているよ。

・Jenny has a good sense of style. I want to be like her!
ジェニーはファッションセンスが良い。彼女みたいになりたいな!

3.”Always” 「いつも」を使った言い方

直接的な「センスが良い」という言い方ではありませんが、他にもセンスの良さをほめる言い方はあります。

ファッションセンスが良い人は「いつもオシャレ」ですよね。
お店選びのセンスが良い人は「いつも良い店」を選びますよね。

なので”always”「いつも」を使ってそのままその人をほめてしまう、というのも一つの手なのです!

・You always look great! Where do you buy your clothes?
君っていつもきまってるよね。どこで服買ってるの?

・Let’s ask Tim to choose the restaurant. He always knows the right place to go.
お店選びはティムにお願いしよう。彼はいつもどこへ行けば良いか知っているからね。
(=お店選びのセンスがいい)

4.”Have talent” 「才能がある、センスがある」

お次は、「才能がある」という意味での「センスがある」と言いたいときです。

“talent”は「才能」という意味の名詞です。
日本語の「タレント」とは全く違う意味を持つのでご注意くださいね。

シンプルに”have talent”「才能がある」と言って褒めちゃいましょう。

・My daughter has talent for foreign language. She already speaks three languages.
私の娘は外国語のセンスがある。すでに3ヶ国語を話すの。

・Nina has talent for music. I’m sure she will be a famous pianist.
ニーナは音楽センスがある。彼女は有名なピアニストになるだろう。

5.”Cut out for” 「~に向いている」

この”cut out for”、知っていると意外と便利な言葉です。

これで「~に向いている」という意味になります!

語源は「洋服の生地が着る人の体に合わせてピッタリ切り取られる」ところからきていると言われています。

・You are cut out for a teacher because you’re smart and friendly.
君は賢いしフレンドリーだから、先生に向いているよ。

・Sam is not cut out for a goalie. The goalie should be a big person.
サムはゴールキーパーには向いていないよ。キーバーはデカい人がやらないと。

この表現はどちらかというと後者の「否定形」の言い方で使う方が多いので「センスがない」人に対して使われる機会の方が多いです。

まとめ

ということで「センスが良い、センスある」と言いたいときに便利なフレーズでした!

褒められて嫌な気分をする人はいないと思うので、ぜひどんどん使っていってくださいね!

ということで今日はこれにて!See you!