「準備できた」って英語で何て言うの?





仕事は準備が9割。そんな言葉どこかで聞いたことありますよね。(自分だけか?・・・)

とまあ、それは置いといて、、今日のテーマは「準備」です!

何かに対しての「準備できた」ときはなんと言えば良いのでしょうか?

今日はそんなときに使える英語表現を紹介したいと思います!

1.”be ready” 「準備できている」

一番簡単ですぐに覚えられるフレーズです!

“ready”で「準備ができている」という意味の形容詞なので、“I’m ready”というだけで「準備できてるよ」という意味になります。

もし、「~の準備ができている」と言いたいときは、”for”や”to do”を付け加えて次のように言うことができます。

・I’m ready for the first day of school.
学校の初日の準備はできているよ。

・I’m ready to go back home.
家に帰る準備はできているよ。

2.”be prepared” 「用意ができている」

“prepare”「準備する」という動詞から容易に推測できるかと思いますが、”prepared”で「用意ができている」という意味の形容詞になります。

”ready”よりもちょっとフォーマルな言い方です。

あと、ニュアンス的に”prepared”を使うと「いろいろと時間をかけて
準備をした」
という意味が強まります。

例えば同じ「テストに向けての準備はできた」と言いたいとき、

・I’m ready for the test.

・I’m prepared for the test.

どちらも使うことができますが、”prepare”を使ったときの方が「何回も問題演習をして本番への準備が万端」というニュアンスが感じられます。

逆に、「簡単な内容だからあまり勉強してないけど楽勝♪」ってときは“prepared”よりも”ready”の方が自然ですね。

・I’m prepared to give a presentation. I practiced a lot.
プレゼンをする準備はできているよ。たくさん練習したんだ。

・Are you prepared for an emergency?
緊急時のための備えはできていますか?

3.”be all set”「準備完了」

日常英会話でよく使われる口語表現で「準備完了」という意味です。

be動詞などを省略して”All set?” 「準備できた?」と聞かれることもよくあるので覚えておくと便利ですね。

・I’m all set to go on the trip.
旅行に行く準備は万端だ。

・A: We are leaving here in 5 minutes.
5分後にここを出発するからね。
B: No problem. I’m all set.
問題ないよ。準備完了してるよ。

ということで今日はこれにて!See you!