カナダのレストランでのチップの払い方!いくら払う?いつ渡すの?

カナダと日本の文化の大きな違いの一つが「チップ」ですね。

カナダでは何かのサービスを受けた時に通常の料金とは別に「チップ」を払う習慣があります。
レストランでの支払いもその一つで、料理の値段に加えてサーバーの人に対して「チップ」を払います。

日本にはない習慣なのでなかなか慣れない人も多いのではないでしょうか?

今日はそんなカナダのレストランでのチップ事情について解説してみたいと思います。



そもそもチップって何?

チップとは、レストランのサーバーや美容室のスタイリストのように「個人的なサービス」を提供してくれた人に対する「お礼の気持ち」として払われるものです。

カナダでは基本的に料金の10~20%をチップとして払うのが相場のようです。

あくまで「気持ち」なので厳密には「任意の支払い」なのですが、カナダ人のホストファザーに聞いてみたところ「普通の人は必ず払う。自分はたとえサービスがいまいちでも最低10%は払うかな。」とのことでした。

なので自分の中では「サービス料金」としてチップを位置づけています。

ファストフードレストランは払わない!

ここで気を付けたいことなのですが、チップを支払うのはサーバーがついて注文をとってくれるようなレストランだけです。

マクドナルドやサブウェイのような「ファストフードレストラン」ではチップを払う必要はありません。フードコートのレストランなんかも同じです。

そういったお店ではレジで注文して料理をもらい、自分で席まで持っていく形式なのでサーバーはつきませんよね。

したがってサービス料としてサーバーに払うチップの支払いは不要となります。

サブウェイなんかはサンドイッチをカスタマイズして作ってくれるのでチップを払っても良いような気もしますが。。。。

ときどきファストフードでもレジにチップを入れる瓶を置いているところがあるので、もしチップを払いたい人はそこに小銭を入れるのもありでしょう。

チップの払い方

レストランのチップの払い方ですが、基本的には会計時に支払いをします。

●カード支払いの場合

カードで支払う場合は非常に簡単で通常の料金に上乗せして支払いをします。

カナダではカードで会計をするときは、小さな支払い端末を渡されるのでそれを操作して支払いを澄まします。

支払い時に端末上で「チップを加えますか?」という表示が出るので、”Yes”のボタンを押してチップを加算します。

多く場合15%、18%、20%の中から選択して支払い料金に加算することができるので自分で計算する必要はありません。(自分で金額を設定することも可能)

●現金支払いの場合

現金支払いのときは、だいたいチップも含めた分も一緒に渡して、”Keep the change”(おつりはいりません)と言うことが多いです。

おつりの全部チップとしてあげちゃうと多すぎるときは”Can I just get 5 back?”(5ドルだけおつりください)という風に言っておつりの一部をもらいましょう。

あとは、一度おつりをもらってから、サーバーの人に”This is for you”(これはあなたの分です)と言って渡したり、店から出るときにテーブルに置いておくのもありでしょう。

ちなみにチップは英語で”Tip”

補足情報になりますが、チップは英語では”tip”と言い発音はどちらかというと「ティップ」に近いです。

この”tip”は名詞で「チップ」という意味以外にも、動詞として「チップをあげる」という意味でも使うことができますよ!

・How much do you tip at the restaurant in Canada?
カナダのレストランではどれくらいチップをあげるの

・The waitress was so kind, so I gave her 10-dollar tip.
ウェイトレスはとても親切だったので、10ドルのチップをあげた。

・You don’t have to tip at restaurants in Japan.
日本のレストランではチップを払う必要はありません。

まとめ

ということで、カナダのレストランでのチップの払い方について簡単に書いてみました。

自分はいつも10~15%程度を目安に払っていますが、特に困ったことになった経験はありません。

そもそも店員さんも一人一人のチップ支払い額に目を光らせているわけでもないので、あまり支払い時に緊張する必要もないです。

ただ現金で払うときは、「チップも込みだからおつりはいらない」、「おつりが〇ドルほしい」、しっかり意思表示して誤解のないように気を付けるとよいでしょう!

ということで今日はこれにて!See you!