“Bless you”ってどういう意味?くしゃみとの関係?使い方は?

“Bless you”って言うフレーズを聞いたことがありますか?

英語圏の国では日常生活でこのフレーズを聞くことが、よくあるので語源や使い方を知っておくと便利かと思います。

元々の意味は「神のご加護がありますように」

“Bless”は「神の恩恵を祈る、(神が)祝福をする」という意味です。

“Bless you”は本来”May god bless you”というフレーズを短くしたものです。

この場合の”May”は古い使い方で「願わくは~ならんことを祈る」という意味合いで使われており、全体で「神のご加護がありますように」という意味になります。

キリスト教徒の人はメールや手紙の文末にこのフレーズを使ったりしています。

ただ実はそれ以外にも意外な使い方があります。

くしゃみをした人に”Bless you!”

なんとこの”Bless you”という言葉は英語圏の国で「誰かがくしゃみをしたとき」にその人に向かってかける言葉としても使われています。

誰かが「ハクション!」とくしゃみをすると周りの人がその人に向かって”Bless you!” と声かけるのです。

最初見たときはなんとも不思議な光景でした。

英語圏の国ではくしゃみをするとその人の魂が抜けてしまう、という迷信があるそうです。

ただ“Bless you!”というとその抜けた魂がその人の体に戻ると言われており、そこからくしゃみをした人に”Bless you!”と声をかける習慣が始まったと言われています。

ちなみに”Bless you”と言われた人は”Thank you”と返すことが多いです。

ぜひ誰かがくしゃみをしたときには使ってみてくださいね!

ということで今日はこれにて!See you!